ムカデ駆除ならムカデ駆除navi|ムカデとゲジとヤスデの違い

*

ムカデ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤ0800-805-7755

フリーダイヤル0800-805-7755

最新情報・レポート

ムカデ駆除navi|駆除:28,000円~&ご相談無料の最新情報・レポート記事ページです

ムカデとゲジとヤスデの違い

毒を持っている狂暴な害虫、ムカデ。 見た目も特殊で目立つ害虫ですが、同じ多足亜門という昆虫のグループにはゲジとヤスデという近い仲間が居ます。 これらも人家に出現することがありますが、人によってはこれらを見たことがないということで、見たわけがつけられない方もいるかもしれません。 そこで今回はこれら3種の害虫の違いを見ていきます。 その1:毒について ムカデは言わずもがな、強い毒を持っています。これにより獲物を弱らせ捕まえます。 ヤスデには毒らしい毒はありませんが、体の表面から出す液体は凄まじく臭い上、成分には青酸などが含まれているため、手に触れたり目に入るようなことは避けたいところです。 最後にゲジですが、こちらは弱い毒を持ちますが、人間に対して襲いかかることは殆ど無いので、あまり心配する必要は無いようです。 その2:動きについて ムカデは比較的俊敏で、ネズミなどを捕らえることも出来るそうです。 ヤスデはゆっくりと動き、的に襲われると丸まって身を守るのが特徴です。 ゲジは大変素早く、あのゴキブリを捕獲できるほどだそうです。 その3:人間に対しての攻撃性 ムカデは人間に対してでも攻撃してきます。ムカデは後ろに下がらないという言い伝えが残るほどで、駆除の際には細心の注意が必要です。 ヤスデは人間に攻撃することはありません。一部のマニアにはペットとして大変人気のある存在です。 ゲジは人間に攻撃を積極的にすることはありません。むしろ危険を察知して、足などを切り離して猛スピードで逃げていくでしょう。