ムカデ駆除ならムカデ駆除navi|ムカデに噛まれたときの対処法

*

ムカデ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤ0800-805-7755

フリーダイヤル0800-805-7755

最新情報・レポート

ムカデ駆除navi|駆除:28,000円~&ご相談無料の最新情報・レポート記事ページです

ムカデに噛まれたときの対処法

ムカデは非常に凶暴な性格をしており、身体に触れたものや敵とみなしたものには容赦なく咬みつく習性があります。ムカデに噛まれた際の痛みは、スズメバチに刺された際の痛みを超えると言われています。さらに、ムカデは噛み付いた際に毒を塗りつけるのです。ムカデに噛まれると患部が赤く腫れあがり「燃えるような痛みが続く」という症状が発症します。また、重傷の場合は幹部の周辺組織が壊死したり、ただれてしまったりすることもあるようです。スズメバチ同様にアナフィラキシーショックが起こることがあります。これは、以前ムカデに噛まれたことがある人が再び噛まれると起こる症状です。呼吸困難や吐き気、最悪の場合死に至るケースもあるのです。しかし、ムカデに刺された際落ち着いて対処を取ることで、重症化を避けることにつながります。ムカデに噛まれたらまずは43~46℃のお湯で20分程洗います。これには理由があり、ムカデの毒はタンパク質で構成されているため43℃以上のお湯で失活し、毒が拡がるのを抑えることができるのです。その後、ステロイド系の薬を塗ります。ここまではあくまで応急処置なので、応急処置が終わったら病院へ行きましょう。この応急処置の最中にやってしまいがちですが、絶対やってはいけない行為があります。1つめは傷口を冷やすことです。患部を冷やしても毒の拡がりを抑えられず、かえって激痛が増してしまいます。2つめは毒を吸い出したり絞り出したりしないことです。ムカデは毒を注入するのではなく、顎や足先を使って皮膚を傷つけ毒を塗りつけます。なので、口で吸い出すという行為は口の中に毒を含んでしまい、口内の腫れや嘔吐、気道閉塞などの危険性があります。また、絞り出そうとすると、逆に毒を浸透させてしまうため、余計にひどくなる恐れがあるのです。ムカデに噛まれると非常に危険です。見かけてもむやみに手を出さず、ムカデ駆除の業者に依頼して駆除してもらいましょう。