ムカデ駆除ならムカデ駆除navi|ムカデの生態

*

ムカデ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤ0800-805-7755

フリーダイヤル0800-805-7755

最新情報・レポート

ムカデ駆除navi|駆除:28,000円~&ご相談無料の最新情報・レポート記事ページです

ムカデの生態

ムカデと言うと、15~20センチ程のものが1番想像しやすいですが、それは、オオムカデと呼ばれる種類のものです。ムカデ自体は世界中に生息しており約2000種類も存在し、日本だけでも100種類以上が確認されています。その中でも人間を噛むムカデは3種類ですが、その3種類のムカデが厄介なのです。ムカデの中でも大型になるオオムカデでも最大で20センチ程です。人間から見れば小さな虫に変わりないため、ついつい気を抜いてしまう方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。ムカデは非常に凶暴な害虫なのです。特に5月から夏頃にかけては活動が活発になり、凶暴性が増します。普段は石の下や草むらなど湿気が多く暗い場所を好みますが、同時にエサが多い場所も好むため、ムカデの餌になるゴキブリなどの害虫がいるところには積極的に向かいます。そのため、住宅内で発見されるケースも多く、その際の対処に失敗すると噛みつかれることもあるのです。ムカデは体に触れたものに反射的に噛み付く習性があり、どんな相手であろうと襲いかかります。仮に自分の何倍もの大きさになる人間であっても関係なく噛み付いてくるのです。ムカデは噛み付くと同時に、毒を塗りつけます。ムカデの毒は死に至るケースはほとんどありませんが、非常に強い痛みに襲われるそうです。その痛みはスズメバチを超えるとも言われています。また、アナフィラキシーショックを引き起こすこともあり、危険なことに変わりありません。このようにムカデは非常に危険な害虫であるため見かけたときには、ムカデ駆除業者に依頼してしっかり駆除してもらいましょう。