ムカデ駆除ならムカデ駆除navi|ムカデは大変危険な生物です

*

ムカデ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤ0800-805-7755

フリーダイヤル0800-805-7755

最新情報・レポート

ムカデ駆除navi|駆除:28,000円~&ご相談無料の最新情報・レポート記事ページです

ムカデは大変危険な生物です

突然家の中にムカデが!どこから入って来たんだ!などという経験誰しも一度はあるのではないでしょうか?グロテスクな見た目のこともありますし、毒も持っているのでパニックになったりしますよね。あまり知りたくはないとは思いますが、ムカデについて知っておくとムカデ駆除に役立つのではないでしょうか。 日本には約130種類ものムカデが生息しているそうです。トビズムカデやアオムカデが主な種類で、体長は約10~15センチほどが一般的です。 ほかの虫より大きめのサイズでかなり怖いですよね。細長い体が特徴で、頭の部分に危険極まりない毒をもった大きな顎があります。 毒の成分はヒスタミンやポリペプチドが主な成分で、かまれるとかなりの激痛を伴う危険な虫です。蜂の毒と比較的似たような成分です。噛まれたときは患部が赤く腫れあがり、炎症を引き起こします。症状がエスカレートすると吐き気やおう吐、発熱や頭痛などの症状がでる場合もあります。 噛まれたときの応急処置としましては、 患部に43度以上の比較的熱めのお湯をかけます。約20分程度が目安です。間に冷水をかけると激痛を伴うので、お湯だけにしましょう。 毒を口で吸いだす方法をよくテレビなどで見かけたりしますが、衛生上よくないので指で絞り出しましょう。絞り出してしまうとかなり楽になります。 なぜ熱めのお湯をかけるかですが、ムカデの毒は主にたんぱく質で構成されているからです。43度以上だとタンパク質の活動が休止し、毒が体内に広まっていくのを抑制できるからです。 しかしそれでも痛みがひどい場合は、すぐに病院行かれることをお勧めいたします。 ムカデは夜行性で昼間は落ち葉や石の下に隠れています。主に5月から夏ごろにかけて頻繁に行動するようです。家の中に入って来るのはゴキブリなどの餌を探しに来るためです。 そのため自宅付近の落ち葉掃除、雑草の除草などをしておくと、ムカデの潜伏場所がなくなるのでムカデ予防に効果的です。 ムカデは土壌で発生します。発生元からムカデを絶つのは非常に難しいので、効果的なのは建物の周りにムカデに効果がある薬剤を散布して、ムカデが家の中に入ってこないようにすることです。薬をまく際にはなるべく雨で薬が流れていかないような場所にまきましょう。雨で薬がすぐに流れてしまうようなところにまいてしまうと、十分な効果が得られません。また玄関やドアの下の隙間などに殺虫剤をまいておくのも効果的です。 それでもムカデが室内に入ってきてしまった場合、スプレー殺虫剤や冷却タイプの駆除スプレーが効果的です。 ムカデは生命力が強く、殺虫剤を噴射した後でも暴れまわる可能性があります。必ず完全に動かなくなったことを確認してから、処分してください。 以上のような対策をとってもムカデの家の中への侵入が一向に止まらないといった場合は、かなりの数のムカデが家の周りに潜伏している、侵入場所が1か所や2か所どころではなく多数存在しているなどの可能性が考えられます。大変危険生き物なので、ムカデ駆除のプロに速やかに依頼されることをおすすめします。ムカデ駆除のプロはムカデ駆除のスペシャリスト。豊富な知識と経験でムカデ駆除の大きな味方になってくれることでしょう。