ムカデ駆除ならムカデ駆除navi|ムカデが部屋に出て気が気じゃない…適切な駆除方法と予防策!

*

ムカデ駆除navi

年間受付件数20万件以上の実績

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤ0800-805-7755

フリーダイヤル0800-805-7755

最新情報・レポート

ムカデ駆除navi|駆除:28,000円~&ご相談無料の最新情報・レポート記事ページです

ムカデが部屋に出て気が気じゃない…適切な駆除方法と予防策!

ムカデが部屋に出て気が気じゃない…適切な駆除方法と予防策を紹介!

 

「ムカデが部屋に出た!どうしよう!」

ムカデが部屋に出て、どう退治したらよいかわからない、こんな経験ありませんか?ムカデはアゴに毒をもち、咬まれると激痛が走ります。さらに、あのおどろおどろしい外見です。できればお目にかかりたくない害虫の一つですよね。

もしムカデが出たときの対策を知っているだけで、いざ実際に出たときに落ち着いて対応ができます。今回は、ムカデの発生を抑える方法、発生した場合の対処方法をお伝えします。

 

 

▼ムカデが部屋に出るのはなぜ?ムカデが好む環境3つ

そもそもなぜ、部屋にムカデが出るのでしょうか。本来ムカデは、屋外で暮らす生き物です。それが部屋に出るということは、何かしらの原因があるはず。

ムカデが出る場所は、ムカデにとって居心地の良い環境になっている可能性が高いです。自分の部屋がムカデにとって「好む環境」になっていないかチェックしてみましょう。

 

暗くて狭い場所

ムカデがよく出現する場所は以下の通りです。

屋外:石の下、落ち葉の下、倒れた木の下、植木鉢の下、プランターの下

屋内:浴室、洗面所、台所の流しの下、天井裏

こういった場所の共通点は「薄暗い場所」「狭い場所」であることです。暗くて狭い場所は、ムカデにとって住みやすい場所なのです。

 

湿気のある場所

日本のムカデは適度な湿気のある場所を好み、湿気のある場所では元気に活動できます。逆に、乾燥している場所では長く活動できません。

 

エサのある場所

大昔の人間と同じように、ムカデは狩りをしてエサを取る生き物です。ムカデにとってのエサとは、ネズミや他の虫で、特に小さいな虫は大好物です。そのようなエサが多く出る場所はムカデにとって狩りをしやすく、好ましい場所と言えます。

本来屋外で暮らしているムカデが部屋の中に出てくる理由としては、「エサを捕食する」ために、屋内の虫(ゴキブリや蜘蛛など)を狙って侵入してくるのからです。

ゴキブリや蜘蛛は屋内によく住みつく生き物ですので、そういったエサを狙ってムカデは侵入してきます。

 

▼ムカデはいつどこから部屋のなかに侵入してくるの?

ムカデはいつどこから部屋のなかに侵入してくるの?

 

部屋の中に出てくる理由が「エサを捕食するため」であることはわかりましたが、あなたはムカデが部屋の中に侵入してくるところを見たことがありますか?おそらくないと思います。侵入しているところを目撃していたら、侵入を阻止するはずですからね。

はたしていつ・どこから侵入してくるのでしょうか。

 

人が出入りするとき、換気のため窓を開けるとき

ムカデが部屋の中に入ってくるタイミングは「部屋の窓を開けるとき」「網戸や雨戸にするとき」などです。換気をするといった理由で外とつながる窓などを開けたときに侵入してくることが多いです。また、人が外出するとき、帰宅するときに玄関のドアを開けた瞬間も、ムカデはタイミングを逃さずに侵入します。

また、ムカデは絶壁をのぼることもできますし、エレベーターや階段などで2階や3階以上にも発生することができます。エレベーターや階段などで2階以上の建物までたどり着くことができます。「自分はマンションの上階に住んでいるから大丈夫」と安心してはいけません。

 

ほんのわずかな隙間からも侵入可能 

それでは窓や玄関のドアを開けなければムカデは侵入してこないのかというと、そうではありません。ムカデは、僅わずかな隙間からも侵入してきます。例えば、窓と窓の間の隙間や、住宅のひび割れによってできた隙間、畳の間からも侵入することができます。

このように様々な場所から侵入してくることから、ムカデの侵入を阻止するのではなく、ムカデが侵入する理由を作らない(好む環境を作らない)ことが大切です。

 

▼部屋に出たムカデを駆除する方法!意外と身近なものも使えます

もしムカデが部屋に出てしまったとき、どのように対策すればよいのでしょうか。ムカデは狂暴な性格で、高い戦闘力と大アゴの毒をもつ害虫です。うかつに手を出しては反撃を食らって咬まれる危険性があります。

安全にムカデを駆除するために、身近なものでムカデを駆除する方法を覚えておきましょう。

 

熱湯をかける

湿気を好むムカデですが、熱湯にはめっぽう弱いです。50℃以上の熱湯をムカデにかけると、ムカデは動けなくなります。動きを止めた状態で、外に逃がす、殺虫剤をかけるなどの方法で駆除しましょう。

 

ドライヤーをあてる

もし熱湯を沸かす時間がなくてすぐに駆除したい場合は、ドライヤーの高温を浴びせる方法も効果的です。ドライヤーであれば、周囲を殺虫剤で汚したり、熱湯で濡らしたりすることなく、安全にムカデの動きを止めることができます。

 

殺虫剤をかける

最後に一般的な方法である殺虫剤をかける方法です。この場合、殺虫剤であれば何でもよいのではありません。「ムカデ専用殺虫剤」や商品説明に「ムカデに効果がある」ことを書いてあるものを使いましょう。

 

▼ムカデを二度と侵入させない!おすすめの予防策

ムカデを二度と侵入させない!おすすめの予防策

 

それでは最後に、ムカデを二度と部屋に侵入させない予防策をお伝えします。ムカデが出る原因を取り除いて、あなたの家や部屋を「私たち人間にとって」住みやすい環境にしましょう。

 

ムカデが好む環境をつくらない

あなたの家を、冒頭に述べた「ムカデが好む環境」と逆の環境にしましょう。具体的には、「湿気が溜まりやすい場所には、湿気を吸い取る乾燥材を置く」「ムカデのエサであるゴキブリなどが住みやすい環境にしない(常に整理整頓し、清潔な状態を保つ)」などの方法で、ムカデが侵入する理由をつぶしましょう。

 

わずかな隙間もしっかりふさぐ

ムカデの侵入経路である「わずかな隙間」をしっかりとふさぐことで、ムカデを部屋の中に発生させにくくします。以下のようにムカデの侵入経路それぞれに対策をしましょう。

・窓や網戸

窓や網戸にガタツキがあるとその部分に隙間ができて、窓や網戸が閉まっているにも関わらず侵入経路となってしまいます。そのため、乾いたタオルなどを隙間になる窓枠に詰めることで、隙間をふさぐことができます。

・排水口

お風呂場や流しの排水口は、下水道からのムカデが侵入してくることがあります。排水口といった水場は湿気が多くなりがちですので、その場合は「重量のある金属製のキャップ」を排水口にはめることで、ムカデの侵入を防ぐことができます。

・キッチンの配管

キッチンの流しと排水管のつなぎ目にある隙間にダクトテープを巻くなどして、隙間をふさぎます。

 

ムカデが嫌いなにおいをふりまく

一般的にムカデは「ヒノキ」「ハッカ」といった匂いを嫌います

ヒノキはムカデなどの野生動物にとって「山火事の危険な臭い」に似ていると感じるため、ヒノキの匂いがすると逃げていくと言われています。

またハッカの匂いはムカデなどの害虫にとって刺激が強いと感じます。薬局などで手に入るハッカ油を水で薄めて家の周りにスプレーをすることで、ムカデ除けとなりますの効果が期待できます。

 

家の周辺に薬剤を散布する

家の周りに散布することでムカデの侵入を防ぐ薬剤も市販されています。3kg以上の大容量で売られている場合が多く、即効性と持続性に優れていることが特徴です。

自宅がマンションやアパートなどの賃貸の場合は散布しづらいこともありますが、近所迷惑にならない程度に散布することは効果的と言えるでしょう。

 

▼まとめ

この記事では低コストで行えるおこなえるムカデ対策をお伝えしました。お伝えしたムカデ対策をすることで、ムカデの発生を今よりも抑えることができます。

しかし、もしあなたが以下のような場合、専門の駆除業者に依頼する選択肢も考えましょう視野に入れておきましょう。

「ムカデをもう二度と見たくない」「小さな子供がいるので、確実にムカデの侵入を食い止めたい」「ムカデの駆除に何度も失敗してしまった」

特にムカデの場合は、咬まれたときに激痛が走る狂暴な害虫です。駆除中に狭い隙間に逃げ込まれた場合、いつ発生して咬まれるかわからないので、その状況で生活するのは気が気でないでしょう。

そういった場合、専門の駆除業者に駆除を依頼することで、家の中に潜むムカデを安全に駆除することができ、咬まれてしまうリスクを減らすことができます。ムカデの発生頻度などに応じて、自分で対策をするか、専門の駆除業者に依頼するかを検討しましょう。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。